Apipuncture  蜂鍼療法 Bee Sting Therapy

今、注目される蜂鍼療法

 

驚きの蜂の一刺し

蜂鍼療法の歴史は古く紀元前2000年頃の古代エジプト人やバビロニア人も利用したと言われています。 紀元前460〜181年頃になると、ヒポクラテスなどが蜂毒の効果を記述していますし、中世のヨーロッパ諸国でも、リューマチに効果を上げていたようです。

現在、蜂鍼療法は世界各地で行われており有力な代替医療の一つとしても注目されています。ビーベナムは日本語に訳すと蜂毒ですが、癌にも効くと言われ、養蜂家が癌にかかる確率が一般人より低いとの統計がでており、これはハチミツなどの蜂産品を多く食べている事と、仕事柄ミツバチに刺される事が多いからではないかと考えられています。ビーベナム(蜂毒)による癌の治療も日々研究されています。

アピパンクチャーとは
api=蜂 acupuncture=鍼灸療法 の二つの言葉をあわせて、このホームページ開設の時に作った造語で 、現在では世界各地で一般的に使用されるようになってきました。  一般には蜂鍼療法は「アピセラピー」と呼ばれています。

アピセラピーApitherapy
アピセラピーとは「ミツバチの生産物を利用した療法」のことで、西欧では、ミツバチが作るハチミツやローヤルゼリー、プロポリス、花粉、 蜂毒が医療用に使われ、「アピセラピー」という一つのカテゴリーが出来上がっています。