プロフィール

宇田 幸康宇田 幸康

1948年

東京浅草生まれ

1971年

日本・メキシコ政府交換留学第1回生

1973年

早稲田大学第一法学部卒業

早稲田大学アンデス縦断登山隊に参加、南米コロンビア共和国、ドスエルマナス山の世界初登頂

1974年

南米ボリビアにて、腕時計の輸入販売会社「オリエントボリビアナ」設立経営

1981年

ボリビア政情不安のため帰国

1982年

スペイン語、英語の翻訳、通訳を行う リンガルサービス社 を設立

1985年

リンガルサービス社を社名変更し「株式会社ユックス」とする。

1986年 「鍼灸師免許」取得
1988年 日本人初の世界自動車連盟公認の国際ラリー「シルクロードラリー」(北京−黄河−蘭州−敦煌−カシュガル−ウルムチ間8500km)の事務局長として開催不可能と言われていたラリーの実現の中心的役割を果たす。
1989年 世界の秘境を4輪駆動車で駆けるオフロードレース・キャメルトロフィーの日本代表としてアマゾン’89大会に参加。 以後1995年までキャメルトロフィー日本事務局の英語・スペイン語の翻訳・通訳及びコーディネーターとしてヨーロッパ、中南米各国でのキャメルトロフィーのイベントや鈴鹿でのF1レースなどに参画する。

1996年

日本放送協会NHKが国際ラジオ放送として毎日スペイン語諸国に向けて放送するスペイン語放送をモニターして意見を述べる国際 放送モニターのスペイン語担当の仕事を10年継続しこの年に退任する。この間メキシコシティー大地震、コロンビアのピナツボ火山大噴火のニュースなど多くの国際的事件のテレビ放送に関わる翻訳通訳も行う。

1997年

ニュージーランドへ移住  株式会社ユックスの子会社Yux LTDをニュージーランドに設立し日本語、英語、スペイン語の翻訳通訳及び蜂蜜、プロポリスなどの蜂産品の日本とニュージーランドでの販売を開始する。

1998年

「日本蜂鍼療法研究会」(現、日本アピセラピー協会)の「蜂鍼療法技能師一級」取得

現 在

株式会社ユックスの代表取締役として会社の業務を続けながら、 蜂鍼療法と鍼灸を結びつけたアピパンクチャー・クリニックをニュージーランド南 島ネルソン市で行っている

戻る>>体験できる場所